logo

Kameoka Blog

練乳とホルモン

企画の心

マチネー

みなさま、こんにちは。
練乳とホルモン特別篇 ~シースーと親子丼~
ブラウニーズプランナーの宮川真理と申します!

なぜ今回は急にスタッフブログと化したかというと、
今日も元気にお仕事をしていたら、お察しの通り、我らがTシャツ社長に
命じられて、筆を執ることになった次第です。執るよ!

前回の練ホルジャック、総務ハスキーによる「焼き肉とロブスター」も読んでね。
仕事中にウルウルしちゃった ※謙遜無く身内を褒められるのはブラウニーズのいいところ

ひとりひとりに、辿ってきた人生史がある。
そう、ブラウニーの数だけね。
 
 
~ブラウニー・マチネーの人生~

私は昔からゲームが大好きで、とりわけスクウェアのRPGを遊んでいました。
俗に言うスクウェア黄金時代を、それはもうちょうど良い年齢で過ごしました。
(1997年にFF7が出た頃、私は小学2年生でした。ちなみにFFは6が一番好きです)

おとなになってもその童心は忘れずすくすくと育ち、
大好きな聖剣伝説3をスーファミで再プレイし再燃していた私(26)は、

Twitterで1人でデュランについて熱く、熱く語っていたんです!!

するとその1人のデュラン愛を熱く語っていた会話を、
突如リツイートして来た人物がいたのです。
その人物とは誰でしょうか???

正解は「亀岡慎一」です。
そうです、弊社の社長なのです。

あの時はびっくりしましたね。
だってその後、ツイッターでメッセージが来て、

『さぁ、いせや行くぞ(*^○^*)』 ※吉祥寺が誇る、焼き鳥の美味しいお店

…なんて来たんですよ!
気が動転していて頭がついていかなかった当時の若かりしマチネー。

いせやは行かなかったんですが(武蔵という美味しい和食のお店に行った)
ちょうどその頃、前社を退職するタイミングだったので、
うちに来いよ!という唐突なお誘いによって、
トントン拍子で人間をやめ、ブラウニーと化したわけです。

私は2020年でゲーム業界に入ってから8年経ちますが、ブラウニーズは約5年目。
妖精になって5年。早いものです。

5年間の間に、いろいろなことがありました。
ブラウニーズでの日々は、本当に楽しかったなあ。
エグリアリリース前夜、チームメンバーみんなで会社に泊まって、
リリースボタンを押して、エグリアが世に出た瞬間を迎えたあの夜のことは、
一生の思い出です。

ただ単純に楽しかっただけじゃなくて、
一緒に毎日命を削って頑張ったチームメンバーがいて、
そして、いつもそこにはファンの方々がいて、初めて成立するものです。
 
 
(書いてるだけでなんか泣けてきた。病気かもしれん)
 
 
幸せなことから書き出しましたが、
ゲーム開発というのは遊びが根底にあるので、一見楽しそうに見えますが、
泥臭く辛いことが本当にめちゃくちゃあります。
ゲーム業界をやめようと思ったことが、もう何度も何度も数え切れないくらいあって、
数にしたら辛かったことのほうが正直余裕で多いです。
うまく行かなくて、いいことがひとつもない毎日が続く日だってザラでした。

それでも、今の自分が歩いているのが自分の選んだ道で、
嬉しかったことなんて数えれば回数的には少ないかも知れないけど、
その嬉しさは、積み重なったゲーム開発の辛さや悲しみを何億倍も上回ります。

振り返れば、ファンの皆様の温かい声と愛で生かされていると言っても
過言ではない5年間でした。
ぼくの考えた最強のゲームを作りたくてゲームプランナーになりましたが、
いつの間にか、知らない誰かのためにゲームを作りたくなっていました。

みんなで手掛けたゲームが世に出て、
キャラが動いて、生きて、そこにいること。
それが知らない誰かの手によってプレイされて、
良い意見でも悪い意見でも、触れてもらった感想がもらえること。
誰かが笑顔になって、誰かの記憶に残ること。
それは当たり前なんかじゃないんです。

ゲーム業界を目指している方、
さらに言えばブラウニーズに入社したい方。
恐れず、やりたいことをやってください。
やりたいことができるのは、生きているうちだけです。
逆に言えば、生きている間はなんでもできます。
死ぬこと以外、かすりきず。

全ては自分次第で、ブラウニーズにいれば勝手にゲームができるわけではありません。
ゲームを作りたい気持ちと、まっすぐな向上心、そして野心を持って、
ぜひ応募してみてください。
詳細はコチラ

昨今ゲームはひとりで作りやすくなった時代ですが、
志をともにする仲間とともに、ゲームを作るのも良い!!!!!!!!!

***

本当は、こうして新しい仲間を募集する場としての記事だとは分かっているのですが、
この場を借りて、ブラウニーズの作品を愛して応援してくれているみなさまへ。

イラストや、小説や、お写真や、メッセージや、
作品を愛する気持ちからつくっていただいたものすべて。
これは私の命であり、ブラウニーズの命です。
純粋に、愛は命。
やさしくてかたちのないものに、生かされていました。

いつもいつも、本当にありがとうございます。
心の底から。

皆様にありがとうと言いたい、そして新たな仲間と出会いたい、そんな冬の季節。
書類送ってね。エグリア精霊のイラストも、たまにネットの海に流してね。
マチネーでした。