logo

報告書 No.064

報告者:成島四ツ木さん

【探検報告】

あれは私が飛行船から落っこちて、
風呂敷をパラシュートがわりに風に流されていた時の話です。
近寄ってくる雲食いドラゴン(でかい)を蹴っ飛ばしながら数分、
ようやく地面が見えてくると、そこは一面緑の高原でした。

風の流れに身を任せ、着陸した先に渓谷を発見。
そこが今回報告する「風織りの谷」だったのです。

渓谷には小さな集落があり、
空から風呂敷で舞い降りた私を温かく迎えてくれました。

そこの村長さん(美人さんでした。黒髪がグッド)言うところによると、
「ここは世界でも数えるほどしかない「風織りの民」の集落で、
「風」を織って織物にする技術を継承してきた。
きれいで気持ちのよい風ほど肌触りのよい織物に仕上がる」のだそうです。

実際一晩お借りしたおふとん・毛布の気持ちよさたるや、
夏場に吹くスノウホワイト(雪の妖精)の吐息のように心地よく。
夏だというのに毛布にくるまりぐっすり就寝、
気がついたら昼まで寝ていました。

そのあと私自分用に一枚、おみやげに二枚、商売用に二枚ほど織物を購入し、
ついでに織りぐるみやら抱き枕やらも買って、
懐も気分もかろやかに谷を後にしました。

そのあと10日ほど高原を歩き通し、
ようやく宿場街まで到達したのですが、
不思議なくらい疲れはありませんでした。
おそらく、質のよい睡眠がとれていたからでしょうね。

ブラウニーズさんたちにもおみやげ用に一枚、
タオルケットを買っておきましたので、よろしければどうぞ。
毛布は私用なのであげれません。
御自分で10日歩いて買いにいってください。
通販はやってないそうなので…

VillageBoss

探検隊長

やっほいほい!!
この度お昼寝好きにはたまらない報告をしてくださったのは、
飛行船から落下しドラゴンに遭遇しても余裕綽々な成島四ツ木さん!
一体何者なんだ……

そこは空から降ってくる者拒まずな小さな集落。
なんと「風」を織って布団を作る不思議な力を持った人々が住むのだそう!
もうその響きだけで最高に気持ちよく眠れそうだよね!
かく言うおいらも調子のいい日は16時間くらい寝るから、
このお布団と毛布が是非とも欲しい!
今回の調査ついでに買ってきてもらおう!
……え?!もう担当隊員出てっちゃった!?
最近このパターン多くない!?

今回調査に赴いたのは、ブラウニーズ島には初登場!
マイペースな超大型新人ほっし~!
そのぶっ飛んだキャラではやくも隊員の中で頭角を現した有望株だ!
ふわふわした見た目とは裏腹に、なんとプロレスファン!
……もしかして強いのか!?
成島四ツ木さんよりも強いのか!?

artist-icon-hoshino

ほっし~

ぽよよ~~ん!
どうも!ほっし~です。

わたくし、いつもいつも眠たくて、口癖になってしまうほど眠たくて。
最近ではもうすっかり冬ですから、お布団がぜぇんぜん離してくれません。
困ったなぁ。まいったなぁ。

なぁんてことを考えていると、
成島四ツ木さんから、とっても素敵なタオルケットが届きました!
わぁ、すごい!草木の香りがそよ風のように漂ってくる!きもちい!

でもね、今なんと、冬なのです。
タオルケットじゃあ寒くて寒くて、かなしいことになります。
ということで、お布団を求めて10日ほどかけて頑張って歩き、
ご報告いただいた「風織りの谷」へ向かいましたとも!はぁはぁ。

「風織りの谷」では本当に心地よい風が吹きますね。
村長さんも柔らかな風を受けながら、
気持ちよさそうに風を紡いでおられました。
こんな危ないところで、怖くないのかな?と思いましたが、
きっとこの谷が上質な風を呼び寄せてくれるのでしょうね。

職人さんの中には、自分たちで作ったクッションに座りながら
風を織っている方もいらっしゃいましたね。
あんまり座り心地がよいものだから、あれは寝ながら織っていたのでは、、?

そしてわたしも念願のお布団を購入しました!
ふっわふわ!もっふもふ!きもちい~~!!!
これでわたくし、余計にお布団と仲良しになってしまいそうです。
ふかふか、、ぽやぽや、、、ああ、だんだんと眠たくなってきた、、
も、もうだめだぁ、、、

成島四ツ木さん、素敵な旅のご報告とタオルケット、ありがとうございました!
おやすみなさ~~~~い!