logo

報告書 No.061

報告者:赤リトマスさん

【探検報告】

森奥の湖は常に濃い霧が漂っている。
周りはよく見えないが、それでも誰も迷わないのだとか。
実はそれは霧の中にいる案内人のおかげなのだ。
魔法使いのような帽子に旅人のようなマントを羽織った人型の、
手のひらサイズのその生き物はこれまた小さな船に乗って霧の中を浮かび漂っている。

彼らはとても友好的で会話をすることはできないが、
彼らについていくといつの間にか森の出口まで辿り着いているのである。

VillageBoss

探検隊長

やっほー!
今回方向音痴にありがたい報告書を送ってくれたのは赤リトマスさん!
一部の人にとっては喉から手が出るほど遭遇したい、
ちっちゃ可愛い案内人のご報告ありがとうございます!

そういえばちょっと前に山登りに行ってきたんだけど、
ちゃんとした道もない山奥ってめちゃくちゃ怖いんだよ!!
迷子になったら本当にヤバいって震えあがったね……
でもそんな時こそ「霧の導き手」さんの出番。
ついていけばあら不思議、たちまち出口へご案内!
でもそれは見失わないように追いかけられる体力がある場合のお話さ。
みんな!山に登るときはちゃんと体力をつけてから登ろう!
おいらとの約束だよ!!!(過去の自分から目をそらしながら)

そして今回そんな素敵生物の調査を行ったのは、
ブラウニーズの迷い人を導く精神的支柱、おっちゃん!
その包容力はこの案内人さんに負けず劣らずのありがたみに満ちているよ!
おいらも何度助けてもらったことか……
今回も行き詰っている案件を助けてもらおう!!
おっちゃ…え?社員旅行の計画で忙しい!?
おっちゃん!?おっちゃーーーーーーーーーーーーん!!!

artist-icon-hirakawa

おっちゃん

いやはや、どうも。おっちゃんです。

これを書いているのはブラウニーズの修学旅行もとい社員旅行の直前なのですが
今年の行き先は、な、な、なんと!南の島なのです!!
もちろん、おっちゃんが生まれて初めて行く南の島!
初めてのワンダーな土地でビューティフルな光景を目の当たりにして
きっとマーベラスな体験を満喫できるに違いありません!ビバ社員旅行!

ただ見知らぬ土地に行くのは、すこーしだけ不安になったりもしますよね
例えば、道に迷っちゃったりしないかなー?とか…
ブラウニーズ島にも綺麗な景色に見とれて迂闊に踏み込んだら
ぐるぐると道に迷って中々出てこれない、こわーい場所が幾つかあります
そのひとつが「ミーヤ・コ・ディーマの森」
森の最深部にそれはそれは美しい湖があると言われているのですが
森の中は一年中濃い霧が漂っており、不用意に入り込むと正に五里霧中
どこから来たかも分から無くなり、あっという間に迷子になってしまいます

うわー大変!迷子になって行き倒れたら森の養分になっちゃうんだね!?
なんて衝撃を受けているそこのあなた、ご安心ください
この森には、そんな迷い人を助けてくれる優しい妖精がいます
それが今回赤リトマスさんからご報告のあった「霧の導き手」です!

この妖精さん、大人の手のひらに乗るくらいの可愛いサイズで
大きな帽子にマントを羽織った、まるで魔法使いのような出で立ち
しかも霧に浮かぶ小さなお船に乗っています
そして迷子になってしまった人の前にふんわりと現れて
森の出口まで明かりを灯して、それとなーく案内してくれるのです
話し掛けてもニコニコとしてばかりなので、意思の疎通は出来ませんが
(話が出来ないのか、そもそも言葉が通じないのかは分かりません)
彼らがとても友好的である事は分かります
森の出口まで案内してくれた彼らは、特にお礼を要求するでもなく
またふんわりと森の中に消えていくのです…

なんて優しい素敵な妖精さん!って感動しちゃいますね!!
ま、結局は森の奥の湖を見れないまま帰ってくる事になるんですけど(笑)
もしかしたら、体良く追い返されているだけかもしれませんね~
赤リトマスさん、素敵な報告有難うございました!