logo

『Raison d’etre』

spiritrecord2

精霊のいのちの在り方は各々異なり、家族関係は一概に血縁を基準としない。
ゆえに血の通わぬものは、血を分けての生殖活動を行わない。
同様に血を持たない個体として挙げるのは、ここでは悪魔をそれとする。

[精霊の敬愛事由/著・ドロゥジーより引用]

***
 
 
あれ? まだ寝てなかったんだね。
一緒に寝るわけでもあるまいし、早く寝ろって言ったのに。
ひとりじゃなーんにもできないんだから。
眠るまで、お兄ちゃんがそばにいてあげるよ。

さぁ、どのお話がいい?
‥‥うん。じゃあ、今日はこの本を読んであげる。
 

”むかしむかし、あるところに。
魔法使いの兄と、操り人形の妹がおりました。
ふたりは、とっても仲の良いきょうだいでした。
どこへ行くにも、いつも一緒です。”

”兄は、本を読むことが好きなので、
いろいろなことを知っていました。
妹も、兄に本を読んでもらうことが好きなので、
いろいろなことを知っていました。”

”でも、そんなおりこうなふたりにも、
知らないことがありました。”

”それは‥‥”

 
ん? 寝ちゃったのかい?
‥‥ううん、違うよね。壊れちゃったんだよね。

ボクは、”知ってる”んだ。
お前がどうせ、またすぐに壊れるってことくらい。

お前にはいのちがないから、
ボクがこうして動かしてやってるんだよ。
ほーら、よしよし。
‥‥もう動き始めたね。やったあ!
 
 
でもね。

お前も壊れたら、自分でこのくらいデキるようにならないと。
このボクの妹なんだから。

あーあ。またそうやって、ぬいぐるみとばっかり話してさ。
まったく、仕方ないなあ。
お前は本当に、腹話術が得意だね。

‥‥ふあぁ、なんだかボクも眠くなってきちゃった。
本の続きは、また明日読んであげる。
だからもう‥‥、うるさいなぁ。
明日ってボクが言ったら明日なんだってば。

面倒なことを言う口なんかいらないから、取っちゃえばよかったかな? 
ボクは、なんでもデキるんだ。
わかったら、さっさと‥‥。くすくすっ、冗談だよ。
お前は、ボクのかわいいかわいい妹じゃないか。

また明日。おやすみ。
 
 
***
 
 
――あぁ、おかしい。
お前は本当に、ひとりじゃなんにもできないんだね。

何日も、きっと、何年も。
同じ場所で、同じかっこうで。
ボクがいないと、なーんにもできない。

”どこへ行くにも、いつも一緒”じゃないと、
お前はそこから動くこともできない。

ぬいぐるみの手ばっかり握ってても、なんにもならないのに。
でも、それも仕方ないことなのかなぁ。
 
 
「お前は人形だから。
 お前は操り人形だから。
 人形のお友達は、人形だもん。」
 
 
ボクは、”知ってる”んだ。
 
 
***
 
 
おーい、お兄ちゃんだよ。いい子にしてたみたいだね。
ご褒美に、あの本の続きを読んであげるよ。
お前が喜ぶだろうと思って、持ってきたんだ。
 

”兄は、本を読むことが好きなので、
いろいろなことを知っていました。
妹も、そんな兄に本を読んでもらうことが好きなので、
いろいろなことを知っていました。”

”でも、そんなおりこうなふたりにも、
知らないことがありました。”

”それは‥‥”

 
それは、自分たちが生まれた理由です。
たったふたりのきょうだいは、
どんなに本を読んでも、それだけはわかりませんでした。
ずっとずっと、わかりませんでした。
それは今も、わからないままなのです。
 
 
小さな兄よりももっと小さな妹は、
まだひとりで、字を読むことができません。
できないんだ。
 
 
細いうで、細いあし。
何度も折れた首。折れても平気な首。
直したばかりの首。直せてしまう首。
まだひとりで、動かすこともできません。
できないんだ。
 
 
でも大丈夫。挿し絵を見ることくらい、できるでしょ?
‥‥あぁ、そっか。
そんなことも、できなかったんだよね。
 
 
「お前は人形だから。
 お前は操り人形だから。
 人形のお友達は、人形だもん。」
 
 
そうだ! それなら、ボクの瞳をあげる。
うん、別にいらないよ。
だってボクは、瞳なんかなくてもなんだってできるから。
それに、お前のお兄ちゃんなんだから当然さ。

字が読めないなら、ボクが読んであげる。
動けないなら、ボクが動かしてあげる。

だから、目が見えないなら。
ボクの瞳を、お前にあげる。
ボクが見てる世界を、お前だけにあげる。

ほら、ひとつ。もう、ひとつ。
 
 
 
‥‥ああ、おっこちた。
 
 
***
 
 
今日、お兄ちゃんの声と同じだって言われたの。
今日、お兄ちゃんの瞳と同じだって言われたの。
今日も、今日もね。お兄ちゃん。
でも、おかしいな。

あたし、お人形なのに。あなたはだあれ。
 
 
***
 
 
あれ? どこに行ったんだろう。
昨日はここにいたはずなのに。
 
 
ここに。

どこに? 
 
 
くすくすっ。
ボクは、”知ってる”んだ。

人形は、誰かがいないと動けないんだ。
だってボクもそうだもの。
じゃあ、このいのちは誰が動かしてるの?
ボクのいのちは、誰が動かしてるの?
誰か、ボクを動かしてるって言って。

言って言って言って、
そうじゃないとボクは、

ボクは、だれでもいい、ボクは、
ボクは、ひとりぼっちになっちゃうじゃないか。
 
 
ボクは、ボクの生まれた意味を確かめたくて、
だってボクは、ボクなんかいらないんだ、
ボクは、ボクなんかいらないんだ、
だからお前に、見てほしかったんだ、でも、
でも、

お前がボクを好きだと言ってくれる朝が来るとき、
ボクひとりのものじゃなくなっちゃうんだ。

お前はボクがいなくても、ひとりで、どこか遠くへ。
生まれた理由を見つけて、行っちゃうんだ。
そうなる前に、ボクは何度でもお前を捨ててやる。
 
 
***
 
 
人形は、ぽきんと折れるよ。
手も、脚も。首も、何もかも。

でも、ココロは折れないんだ。
そもそも、人形にココロなんかないからね。

ボクは、知ってるんだ。
お前はいつもそうだよ。

ボクのココロが、分かられてたまるか。
ボクのココロは、ボクだけのものだ。

妹なんか、作ればできるし。折れば壊せる。
お前は人形だ。
ボクに操られるだけの、かわいそうなマリオネット。

ボクはなんでも知ってるから、
お前が妹でもなんでもないことを知ってるよ。
 
 
お前なんか。はじめから。大キライ。
 
 
***
 
 
ボクと同じ色の瞳、ボクの瞳。
かわいい妹にあげた、赤い瞳。
瞳が無くなったら、できないことが増えるかな。
できないこと、ほしいなぁ。
そしたらきっと、誰かがボクを助けてくれるでしょ。

字の読めなくなったボクを。
ひとりで動けなくなったボクを。
 
 
でも、無理なんだ。
ボクは、知ってるんだ。
なんでも知ってるんだ。
 
 
はじめましてのさいごには、
さようならが、まってる。
 
 
***
 
 

ぬいぐるみの手ばっかり握ってても、なんにもならないのに。
 
 
――お前は本当に、
 
 
でも、それも仕方ないことなのかなぁ。
 
 
――腹話術が得意だね。
 
 
ボクは人形だから。
ボクは操り人形だから。
人形のお友達は、人形だもん。

 
 
***
 
  
今日は、何して遊ぼうか。
昨日は楽しかったなぁ。おとといも、その前も。
ボクは、楽しかったんだ。

あれ? どこに行くんだい?
あれ? どこに行けばいいの。

あれ? ボクは、ひとりでここにいて。
 
 
あれ? なんにもわからない。
 
 
なんにも
なんにも
なんにも、しらない。
なんにも、ない。

 
 
あれ、
 
 
お前は なんにんめ?
 
 
***
 
 
あのね、お兄ちゃん。
あたし、お友達ができたの。
でもお兄ちゃんは、ずっと一番大事な、
あたしのお兄ちゃんだよ。

‥‥お兄ちゃん?
どこに行ったの、お兄ちゃん。

お兄ちゃん。
 
 

~おしまい~