logo

Kameoka Blog

練乳とホルモン

EGGLIA 2nd Season

第108回 練ホル 
 
8月が終わるよ!
・・・先月も似たような事を言ったと思ったら
月イチ登場なんで、毎月月末に登場のTシャツ社長だったのです。

2017年の夏もそろそろ終わってしまいますね、
今年の梅雨は短く雨も降らず爽快でしたが、
梅雨が明けた途端に、連日の雨続き。
突然、秋のような涼しい日が訪れたりと、
なんだかおかしな夏でしたね。

なんだかんだ言いましたが、
二度と訪れる事のない2017年の夏が終わるのです。
ちょこっと感傷に浸ろうではないですか。

しかしっ!
エグリアの夏はまだまだこれからでっせ!

先日、英語版のリリースも無事に終え、
既に世界中の方に遊んでもらっている『EGGLIA』ですが、
以前より告知をして参りました
追加シナリオ大型アップデート、
題して「有料拡張コンテンツ!」の詳細がそろそろ
告知される頃なのです。

新たにエグリアの世界で見つかった
ゴブリン族の姉弟「コトミヲ」と、「ハルシロ」の
ストーリーがメインとなる追加シナリオとなりますが、
もちろん、エグリアのすっとぼけた住人たちも大活躍します!

お値段、リリース日、その他詳細に関しましては、
公式からの告知を楽しみにお待ち下さいませ!

さて、エグリアに関する告知は終わってしまいましたので、
後は何をお話しましょう・・・
ゲーム部分の開発裏話は
様々なメディアさんでいろいろなお話して参りましたが
そのエグリアの元となる”野望”を持つきっかけについては、
まだお話していないかなと・・・
今日はそちらのお話を少々させて頂きましょうか。

もう、かれこれ30年も前のお話じゃろうか・・・

知る人ぞ知るブラウニーズの”Tシャツ社長”こと
亀岡慎一はむかしむかし漫画家をやっておったそうな。

まだまだヒヨッコの新人漫画家のクセに
デビュー当時から大きな野望だけは持っておったらしいですじゃ。

その野望とはTシャツ社長のみならず、
当時の漫画家なら誰もが描いたであろう夢、
”自分で描いたキャラクターを縦横無尽に動かしたい!”
という事じゃなかっただろうか。

そうですじゃ、
簡単にいってしまえば自分の作品をアニメ化したい!
という事じゃったのですじゃ。

80年代はアニメブーム!
ただアニメ化するなら、そこそこヒットするマンガを描けば
意外とそう遠い夢ではなかったのですじゃ。
オリジナルビデオアニメというジャンルも始まったのはこの頃。

しかしTシャツ社長の野望はそれだけで留まらなかったのです。

彼はオリジナルアニメ製作にあたり、
原作・脚本・監督・キャラデザと、音楽以外全てのセクションを
自分で監修するのが野望だったのです。

現在のアニメ作品では結構いるかと思いますが
当時のアニメ作品で、この偉業を達成していたのは自分の知る限り
手塚治虫先生と宮崎駿さんの二人だけでした。

まだまだデビューしたてのヒヨッコTシャツ社長は、
いつかこの偉業を成し遂げるのが漫画家時代の野望だったのであります。

しかし、
時は経ち、辛い漫画稼業も逃げ出して数年、
しばらくその野望の火はココロの奥底で
消えかけていたのでありました。

そして月日は流れ、
舞台も漫画業界からゲーム業界へと変え
様々な経験を積み重ね
現在のブラウニーズを立ち上げ数年経ったある日、、、

たまたま某ゲームメディアで某ゲーム開発会社の
某社長のインタビューを読んでいると、

好きな事をやる為に、パンの耳かじりながら
原作・脚本・監督・キャラデザと、全て自分でやっていますと……

”あーっ!この男、俺が漫画家でやろうとしてた事を、
 ゲームでやってやがる!”と。

それがヴァニラウェアの神谷ジョージ社長との出逢いでした。

とにかくこの男に会わねば!と、
速攻でヴァニラウェアの会社窓にメールを出した事を
覚えています。

会社の規模、スタッフ数、社長本人がデザイナー
そして事務仕事も社長自らが行っているというスタイルまでもが
そっくりだった我がブラウニーズとヴァニラウェア
向こうも気になっていたらしく「一度お話がしたかった」と、
はるばる大阪から会いに来てくれました。

そこからゲーム業界指折りの面倒臭い男
神谷ジョージとの付き合いが始まるのですが、
想像以上に生意気で有言実行のこの男に言われたひと言。

「なんでやらないんですか?」

このひと言にぶん殴られたのでした。

好きな事を好きな連中とやる為に作った会社、我らブラウニーズ!
社長業の雑務を言い訳に、
ブラウニーズを立ち上げた一番の目的、目標、軸の部分から
逃げていた自分に気付いたわけです。

そして神谷ジョージに火を付けられ、やってやるぜっ!と、
インディーズで作る決心をしたその矢先、
DMM.com POWERCHORD STUDIOの岡宮みちをとの再会が、
もう後戻りは出来ない
『エグリア』プロジェクトの”はじまり”につながったわけです。

多分、あのままインディーズで「エグリア」を作っていたら
またまた忙しさを理由にこの世に出せていなかったかもしれません。

そんなわけで、
かつて漫画家時代に思い描いていた夢、
原作・脚本・監督・キャラデザと、音楽以外全てを監修するという野望の火は
様々な人に触発され、再び燃え上がり
ゲームという形に変えて
実現出来る事になったのです。

なんか最終回のような『エグリア』というプロジェクトにかけた
もうひとつの野望のお話でしたね。

そんな精魂尽き果たした『エグリア』のリリースを迎え、
正直、感無量、もうここまで携わるプロジェクトはいいや!と、
燃え尽きた感はありました。

しかしこれが最も食わず嫌いだった”運営”というフェイズを
こなしているうちに、
またまた物作りに対する意欲が湧いて来たのですよね。

そして今の野望は……
神谷ジョージも、、、
多分ゲーム業界では誰も辿りついていない領域、、、
それは、

”原作・脚本・監督・キャラデザ、そしてゲーム内音楽も自分で作曲すること!”

もし実現した暁にはおめでとう!のひとことお待ちしておりますw

さー、ではそんな大きな野望に包まれたエグリアの
「追加シナリオ大型アップデート、
 有料拡張コンテンツ!」
詳細を楽しみにお待ち下さいませ!

もうすぐでっせ!

ではまた次回
『練乳とホルモン』でお会いしましょう~!