logo

報告書 No.045

報告者:旅の吟遊詩人さん

【探検報告】

静かな光さすその場所は、鮮やか木漏れ日ではなく、
青く月光に似た光に満たされて。
見知った草木は、風に揺れるでもなく、
水に泳ぐようにゆらゆらと流れ。
花と一緒にサンゴが鮮やかな色を添え、
クラゲがゆっくりと漂よい。
鳥に代わるように、色とりどりの魚たちが
木々の間を泳ぎ回り、ぷくぷくと囁きあう。

時折、大きな魚のような影が横切り、
生き物たちがそそくさと姿を隠し。

ここは森であるのに、水の中ではないのに、まるで海の中のようで。

誰も知らないような深い深い森の奥、
静かな森に、その場所はあったんだ。

VillageBoss

探検隊長

やぁ!今回、ブラウニーズ島に投稿してくださったのは、旅の吟遊詩人さん!
冒険の途中で、とっても不可思議な空間に辿り着いたみたいだよ!?

ここは、森みたいな海のようで、海みたいな森のような場所!
水中のように魚も泳いでいて、どこか身体がふわりと浮くような気がするよ。
でも、森の中にいるように息もできるし、足は確かに地に着いている!
幻想的で摩訶不思議!だけどなんだか気持ちが落ち着くんです。そうなんです。
森林浴のフレッシュさと、海のマイナスイオンを取り込める!これぞ一石二鳥!
行くっきゃないでしょ!れっつらごー!!

そして今回の担当者は、泳いで走れる水陸両用デザイナー、ぷー!
そういえば去年の社員旅行の時、
「おー、プールでやたら水しぶき上げて楽しそうな集団がいるなぁ~」
って思ってよく見ると、ぷー率いる若い衆チームだったよ!
シンクロナイズドスイミング的な、華麗なるアクロバット技を発動して、
その場にいた観客を大いに湧かせたという伝説のウォーターなボーイズたちの
感動の物語が今ここに…!(語られることはない!)

artist-icon-yamashita

ぷー

ハァイ!コンニチワ、ボクです。

今回は旅の吟遊詩人さんが発見した世にも奇妙な"森深き海"を散策したよ!

ふらりふらりとある木のウロを抜けると、森のなかに海がありました。
森の中なのに真っ青の世界!
真っ青の中に彩る魚の様な生き物たち!
浮いてるのか、泳いでるのか、なんなのかはわからないけど
とにかく幻想的だったよ!

そして肉より魚派のボクはお腹が空いたんだ!
つかみ取り放題の魚っぽい生き物たち!
我が胃腸へと収めるべくいざ行かんと思ったんだけど…

コイツらは意外とすばしっこくて捕まりやしないんだ!
しかも危険を感じてなのか魚モドキ達はサッと身を隠しはじめたんだ。
ボクはガッカリしつつも、せっかく来たこの海のような森を満喫しようと
足を踏み出すと奥から大きな影が。

木の陰に慌てて隠れてチラリと覗いて見ると
それはとてもとても大きなサメの様な生き物が!
このままでは魚を腹に収めるどころか、魚の腹に収まっちまう!

ボクは一目散に入ってきた木のウロまでダッシュ!
ナントカ逃げ切って、ケツがすこし齧られただけですみましたヨ。

きれいな場所には危険があるもんですな~シミジミ
それではド ヴィジダネ!