logo

ブラウニーズの憩いの場

 
どうもこんにちは!総務のトカレコです。
「7月だ!夏がやってきたー!」とさわやかにご挨拶したいところですが、
まだまだジトジトした湿っぽい日もありますね。
去年の今頃は もう既に梅雨明けしていたかと思うのですが、
今年の梅雨は 私達とお別れするのが名残惜しいのでしょう!
きっとそうです!そう思い込みましょう!
そういう暗示をかければ、
「梅雨もなかなか可愛いところがあるじゃないか!」と、
広い心で受け止めることができるかもしれませんよ!

さて、気を取り直しまして。
本日の『総務は見た!?』では、オフィスの休憩スペースについてご紹介いたします。
普段はデスクに向かってゲーム作りに奮闘するスタッフですが、
そんな彼らに安らぎを与える癒し空間をお伝えいたします。
 

DSCN0538こちらが憩いのスペースその1「応接間」です。
テーブルの上には、
ゲーム関連の雑誌等が置かれており、
ちょっと一息つきたい時用のスペース。
 
スタッフが旅行や帰省をした際のお土産も
この場所に並べられます。
大型連休後の出社日には、
所狭しとお土産のお菓子が大集結!
 
お目当てのお菓子を巡って攻防戦が起こったり、
最後の1つを誰が食べるかの
心理戦が巻き起こったりしています。

DSCN0535
応接間のテーブルには、
「ご自由にどうぞ」と書かれた
怪しげな木の桶が置いてあります。
中には何が入っているかというと……。
 
\ 落花生です! /
 
定期的に社長が買ってきてくれます。
 
小腹が空いた時や作業が行き詰った時、
落花生の殻をパキッと割るのが
なんだか心地いいんですよね。

DSCN0533
小耳に挟んだ話では、落花生には
冷え性改善や貧血予防効果、
記憶力向上にも良いとされ、
更にはアンチエイジングの効果もあるとか!?
 
そういえば 弊社のベテラン勢は、
いつ見ても活き活きとして若々しい。
もしかして、もしかすると落花生効果…っ!?
 
と、憶測をめぐらせてみたり。

DSCN0102ちなみに「応接間」と
名づけられておりますが、
ここでお客様を迎えている現場を
私はこの目で見たことがありません。
 
みんなのゆとりスペースという印象が
強すぎるものですから、
「応接間」と呼ぶことに
若干の抵抗を覚え始めてきました。
 
応接しない応接間……!?
ブラウニーズのオフィス7不思議の1つです。

DSCN0536そしてこちらが
憩いのスペースその2「マッサージチェア」。
先月導入されたばかりの新しいアイテムです!
 
ご覧ください、このどっしりとした構え。
首筋から指先・足先までを
「しっかりと揉み解すぜ!」という
強い意気込みを感じる風貌。
その見た目のとおり、
とても素晴らしい働きをしてくれるのです!
 
※ものすごく個人的な感想であり、
 効果・効能を示すものではありません。

DSCN0540
お昼休みや、疲れがたまった夜、
スタッフたちが吸い込まれるように
マッサージチェアへと向かいます。
納得の満足度&癒し効果で好評です!
 
この気持ちよさそうな笑顔を見ると、
見ているこちらも 自然と癒されてきます。
 
日々のデスクワークで
凝り固まった身体が解れ、
現実世界のHPが回復する瞬間に立ち会えます!

DSCN0537ちなみに、マッサージチェアに座ってみると
目の前に広がるのは白い壁!
 
プロジェクターを駆使して
この壁に美しい風景の動画を映し出せば、
更なる癒し空間になるかも…。
 
と、密かに企んでおります。
 
それに加えてヒーリングミュージックや
アロマもあったら楽園なのでは!?
 
いやはや、改造の妄想は止まりません!

 
 
と、いうことで時折進化を見せるオフィスの癒し空間でした。
常に誰かが休憩している!
…というわけではないですが、ふとした時にスタッフが休憩しているのを見ると
「あぁ~、分かります!私も今、休憩したい気分でした!」
と、共感して謎の安心感を覚えます。(私だけでしょうか!?)
そして、それが案外励みになったりすることもあります。

ゆっくりしていい空間がそこにあるというだけで、
不思議と心安らぐものですよね。
その他にも、癒しアイテムなどがあれば ぜひとも教えていただきたいです!
スタッフを癒す選択肢を更に増やしていきたいなと思う今日この頃でした。
 
 
ブラウニーズでは現在もデザイナー・プランナー・プログラマーを募集しております。
興味がある方は、採用情報をご覧くださいませ。
みなさんのご応募、お待ちしております~~っ!
 

DSCN0011【今日のNG集】
「憩いの場―――。
 それは、そこに“在る”ものではない。
 自ら“創る”ものなんだよぉおおっ!!」
 
という熱い気持ちで
通路に横たわる某プログラマー。
ゲームだけでなく、くつろぎスペースをも
創り出してしまうとは、さすがクリエイター!
 
ご立腹なトカレコ
「通行の邪魔!!はい、撤収!!(# ゚Д゚)」