logo

Kameoka Blog

練乳とホルモン

社長代行日記~インタビュー編~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
日本全土をフタしたような重苦しい曇天も、夏を知らせる一陣の風が運び去り
雨の代わりに太陽が、季節の主役としてしゃかりきに張りきる今日この頃……
皆様いかがお過ごしですか。

どーも、いわっちです!

今回の練乳とホルモンは、不肖いわっちがネタ切れリフレッシュ中のTシャツ社長から
代筆の役割を押しつけられた託されたのであります。
テーマは自由!と投げ出されて任されて、いささか戸惑っておりますが、
最期までお付き合い頂ければ幸いです。

先日ブラウニーズも参加させていただいた”ゲームスタジオ合同説明会”を皮切りに、
連日多くの応募書類が届いております!
ありがとうございます。
未来の同僚がこの中にいると思うと、応募書類の山を眺めて、胸熱くなるものがあります。

さて、ブラウニーズで募集している職種を皆様ご存じですか?
現在募集している職種は、
開発職のプランナー・プログラマー・デザイナー、そして総務事務の四つになります。
ゲーム開発に詳しくない方でも、プログラマー・デザイナー(総務事務)の役割は、その名称から何となく想像がつくのではないでしょうか?
ところが、”プランナー”という名称からは、具体的な仕事を想像しにくいですよね。
「一体何をする仕事なの~」、「何を勉強してくれば良いの?」と言った声も聞こえてきます。

そこで今回の練ホルでは、プランナーの仕事とは?の疑問に答えるべく、
健気な新人プランナーに協力してもらい、インタビューを行いました。
その模様をお届けします。

 
――入社して数ヶ月、仕事には慣れてきた?

健気な新人プランナー(以下 健気)少しずつですけど慣れてきました。先輩たちも良くしてくれるので。
 
――何か無理矢理言わせているような(笑)

健気 そんなことないです!

――いきなりだけど、プランナーってどんな仕事かな?

健気 プログラムとデザイン……それ以外全部やる。ですかね

――おおざっぱ!もう少し考えてよ

健気 えぇっ……難しいですね。
プランナーの仕事って明確に決まってるわけじゃないじゃないですか。
企画職って呼ばれていますけど、企画ばっかり練っているわけじゃないですし。

――そうだね、いわゆる”企画”はプロジェクトの立ち上げまでだね

健気 それで、いざ制作が始まったゲームに対してどんな仕事があるかというと……
とにかくいっぱいありますよね(笑)

――あるね(笑)

健気 しかも時期によってやることがバラバラじゃないですか。
それこそ企画から始まって、システムの設計をしたり、素材発注のお願いにいったり、
バランスの調整をしたり、とても一口には説明できません。

――健気は今のプロジェクトで、何か担当を受け持っているんだっけ?

健気 はい。やらせてもらっています。

――具体的な仕事の内用は話せないと思うんだけど、どんな感じ?
うまい質問ではなくて申し訳ないんだけど……

健気 最初の頃は担当する箇所で仕事の内容が決まってしまうかと思っていたんですけど、全然そんなことはなかったです。やりたい!と思ったことは、大抵やらせてもらえます。
なので、仕事の内容は自分次第ですかね。逆に言うと自分から積極的に動かなくては仕事にならない気がしています。

――その辺は、うちのような小さな会社の特徴かもね。
人数が少ないから融通は利くけど、その分一人当たりの受け持ちは多くなるよね。
仕事を覚えるのは大変だった?

健気 いっぺんに何もかも覚える必要はなかったので、大丈夫でした。
制作の進行に合わせて、少しずつ新しいことを覚えていく、といった感じで。
わからないことは、すぐ聞けますから!

――”プランナーを志望するうえで、何を学んでくればいいのかわからない”
という話も聞くんだけど、この点に関してはどう?

健気 つい先日おっちょ先輩とも話していたんですけど、特別学んでおくべきことは、
とくにないという結論に落ち着きました。

――特別なスキルは必要ないと?

健気 例えばプログラミングの知識だったり、ゲーム制作の経験があったりすればもちろん役には立つんですけど、会社に入ってから勉強すればそれですむよね……となりまして。
それよりは自分の引き出しをしっかり持ってることの方が大事だったり、ゲーム制作に関しても、
結局は”集団での物作り”には変わりないので、ゲームに限らず、いろんな経験が生きてくると思いますよ。

――ずばりブラウニーズが求めるプランナーの条件とは?

健気 下っ端には分かりませんよ、社長に聞いてください(笑)

――健気なりに思うところはないの?
応募書類の書き方とか、参考にしたいって人はわりといると思うけど。

健気 プランナーって書類を書く仕事でもあると思うんですけど、人に見せることを意識するのは大事なことだとおもいます。伝わらなければしょうがないので、そこさえ注意しておけば正解はないんじゃないですかね?
募集要項も必須項目が”元気”だけですし……

――スルメに履歴書を書いて合格した強者もいるわけだしね (*1)
最後にブラウニーズのプランナーを目指す人へ向けて、一言もらってもいいかな?

健気 ゲームについて専門的な勉強をしていた人だけを募集しているわけではないので、ブラウニーズでゲームを作りたいという思いがあれば、あとは先輩たちが優しくフォローしてくれるはずです。
一緒に面白いゲームを作りましょう!
 
 
*1 スルメエピソードはこの記事に詳しいhttp://brownie-games.co.jp/201311011500.php