logo

Kameoka Blog

練乳とホルモン

何度目かの春

練ホル53回
4月です。
今年もまたまたやって来ましたよ、心機一転のチャンスが。
お正月に今年こそは!と、心に誓った一念発起に早くも挫折しちゃった方、
やり直すチャンスが来ましたぜ。
4月はお正月の次に新たな目標を持って
新生活を再スタートさせて良い日なんです。
 

ぽかぽかと暖かくなって来ました吉祥寺からおはよーございます。
Tシャツ社長です。
新入生、新社会人の方々、新しい生活が始まりましたね、
おめでとうございます!

いいですねぇー、期待と不安の新天地で、また新たな出逢いや
思いも寄らぬ新発見が待っているわけですなー。
しばらくは緊張感と新鮮さでウキウキの日々が続きますね。
来月五月病とかゆうのにならないように
頑張って下さい!

学生の頃ってのは、それまでの生活を変えたくなくても、
無理矢理クラス編成とかあったりして
やや強制的に生活を変えられ、
そのタイミングで遊ぶ友達もガラリと変わったり、
本当に今までと同じ環境なのか?と錯覚するくらい毎年毎年
生活が大きく変わってましたよね。

学生時代ってのは本人たちの思惑とは裏腹に
周りが環境を変えてくれていたものです。
新しい環境での適応能力を身につける為でもあったんでしょうね。
 

ずぶんの場合、専門学校卒業後、そのまま就職はせずに
パチンコで生計をたてながら漫画を描くとゆう
なんだかとても怪しい生活に突入してしまったので
新卒としての就職とゆうものを味わった事がありませんが、
学生から社会人になるタイミングってのが、
人生で一番大きな転機と言えるんじゃないでしょうか。

学校から学校への進学でしたら多少の器は違えど、
中身は学ぶって事に変わりはないですからね。
しかし学生から社会人へのジョブチェンジってのは、
まず何よりもお金を払う側からお金を貰う側にまわるわけですから
ある意味今までと真逆の位置に立つ事になるわけですよね。

そして何よりも、今まで小、中、高、大と勉強を頑張って来たのは
社会に出るまさにこの日の為ですから。

そう考えると就職がとりあえず人生で一度目のゴールとゆうわけです。

新社会人のみなさん、ゴールおめでとう!
 

ずぶんの場合は勉強で社会に出るとゆうより、
”絵の方向で食っていく!”とゆう確固たる道は決めていたので、
社会に出て働くとゆう日々も、来たるべきその日の為の
社会勉強だと思っていたわけです。
まぁ言うほどの社会勉強をする事もなく、今も絵の方面で食べて行けてるのは
ついてると思いますけどね。

あの我が人生を変えた株式会社スクウェア(現・株式会社スクウェア・エニックス)
への入社のタイミングも、忘れもしない今頃、4月1日だったのでした。
中途入社だったんで、たまたまなんですけど。

ずぶんの就職経験ってのは後にも先にもこの一度だけでしたけど、
当時は本当に社会勉強のつもりで興味半分で入社したゲーム会社だったので、
1本作ったら辞めるつもりだったんですよね。
そしてまた漫画に戻るつもりだったんですけど
なんだかんだでゲーム作りが楽しくなって来て、
サラリーマンらしくない、ゲーム会社のサラリーマンとゆうものを
なんだかんだで想定外の9年間も経験してしまいました。

そして今のずぶんに繋がるわけですが、
今のずぶんの周りの人間関係も、このスクウェア時代の繋がりが
大きな礎となっているわけで、
このスクウェアでのサラリーマン生活がなければ決して今のずぶんはいなかったでしょう。
今が良いのか悪いのか何て事はわかりませんが、
本当に社会勉強の為に入ったゲーム会社で
漫画以外に絵で食べていく道がある可能性を体験し、
そして幼い日に描いた人生設計通り、絵の方向で食べていけてるわけです。
幸せですね。
そしてそれはずぶん一人では決して歩めなかった道なんですよね。

ってな訳でこの春、新生活をスタートした若者たち。
人生何が起こるかわからんのでっせ!
可能性は無限、若いうちから自分に枠を付けずに、
冒険しちゃってくだせえ。
そして何かを興すとき、大切なのはタイミングと環境(人間関係)。
思い立った時が吉日、その時にいつでも動ける
良い環境を作っておきましょう。

これが決して自慢出来るような人生を歩んでるわけでもない、
ずぶんからの贈る言葉でござんした。