logo

Kameoka Blog

練乳とホルモン

不安な安定

IMG00290
ブラウニーズ立ち上げてなんと、1ヶ月が経ってしまったとですよ。
びっくりですね。

どーも、亀岡Tシャツホルモン社長です。

あの3月1日の出来事が遠い昔のように
この1ヶ月は本当~に、いろんな事がありました。
こんなに実の詰まった1ヶ月はいつぶりでしょう?

事務所設立スタートからまだ1ヶ月ですが
世界中のブラウニーたちから
一緒に何かを作り上げたいとの
参戦表明たくさん頂いております。
本当~に、ありがたい事です。

でもね、個人的にはちょっと寂しい事もあったりします。
既に面接も何人か行っていたり
入社に関するお問い合わせも頂いてるんですが
まず最初に

「正社員になりたいんですけど」

とゆうひとことを耳にする事が多くなりました。

正社員になりたい・・・
いや、いいんですけどね。
でも、せっかくこんなクリエイティブな仕事に就いてるんだから
まずは「良いゲーム、楽しいゲームを作りたいです!」が
一番に来て欲しいんですよね。

正社員 = 安定

と思っている方がこのご時世、本当に多くなりましたね。
今の若い人は・・・とゆう、キメセリフを言いたいところですが
驚く事に新卒の方に限らず、年配の中途採用の方からも多いのです。

逆にお聞きしたいんだけども
弊社はまだ事務所開設1ヶ月で、大手企業からの出資も何も受けていません。
年商もまだ口に出来ないような、スタートしたばかりの会社なのです。
その会社に求める”安定”とは???
今時、化石の言葉となりつつある”終身雇用”でしょうか?
そんなに一生、こんな自分に付いて来てくれるのかなぁ?

新卒の方が”正社員”に拘るのは
「両親が安心するから。」
「両親を安心させたいから。」
とゆうお返事が多かったですが
これはとても良い事だと思うんですよ。
でもね、ご両親を安心させたいとゆう気持ちがあるなら
”ゲーム開発業”は、間違ってもお勧めしません。

それでしたら役所関係、もしくは人々の生活に必要不可欠な
衣・食・住に関連した職業に就く事をお勧めします。

”ゲーム開発業”とゆうのは”自分の夢を追う人”だけに
就いていただきたい職業だと思うんですよね。

そして正社員とゆう肩書きも
言葉のやり取りだけで決まるものではないと思うんです。
結果が出れば、否応なく付いて来るものだと思うのです。

ひと昔前は会社側が「正社員にならない?」と、強く誘っても
まだ自由でいたいんでしばらくはアルバイトでいさせて下さい。
的なやりとりを身の回りで多くみられたんですよね。

現にファイナルファンタジー1を作ったのは、
ほとんどが大学生のアルバイトでしたし。

時代が変わったと言ってしまえば、それで終わりですけども
なんかちょっと寂しいなぁ~と感じた
ブラウニーズ設立から1ヶ月目の出来事なのでした。